参加無料!2月11日(祝)グリーフケア講演会・複雑性PTSD講座・茶話会のご案内@東京

 こんにちは。ゆもりなです。

2020年2月11日(祝)開催の

複雑性PTSD講座と

グリーフケア講演会・茶話会

のご案内です。



隠されたかなしみ 
〜生きづらさを抱えているあなたへ〜



子供の頃から続く

「生きづらさ」に悩んでいる

複雑性PTSDサバイバーのための

心のケアについての情報提供と

当事者のための茶話会を開催します。




このような方が対象です


・子供の頃、両親の夫婦げんかが多かった

・いじめにあうことが多い

・人の輪に入りにくく疎外感を感じやすい

・心の理解者が見つからず苦労している

・人から誤解を受けやすい

・親にアルコールの問題があった

・人間関係や恋愛が長続きしない

・消えてしまいたいと思うことがある

・いつも緊張している

・不眠や原因不明の体調不良でつらい

・家族の病気で苦労させられた

・HSPや発達障害という言葉が気になる

・精神科で薬をもらっても効かない

・「いい年して今さら」と思うこと(言われること)が多い



複雑性PTSDサバイバーとは?


複雑性PTSDサバイバーとは

家庭内のさまざまな複雑な事情や

子供時代の虐待被害の経験

いじめや差別など


精神的な苦痛や

理不尽な経験を繰り返したために

心に傷をおってしまい


複雑性PTSDというトラウマ症状に

苦しんでいる方やその逆境経験を

生き延びてきた方をいいます。


複雑性PTSDサバイバーは

「自分がサバイバーである」という

自覚のない方や知らない方が多く


そうした苦しさを

被害妄想だと誤解したり

自分の弱さや甘えだと感じて


自責感や劣等感、恥の意識に悩み

対人不安や慢性的な心身の疾患

免疫不全から起きる

数々の原因不明の病気などで


孤独の中で

苦しみ続けています。


発達障害、境界性パーソナリティ障害

統合失調症、HSP、双極性障害などと

誤解されやすい心の状態です。



開催日:2020年2月11日(祝)

会場:東京ウイメンズプラザ 1階 視聴覚室

住所:東京都渋谷区神宮前5-53-67

アクセス・地図



第一部 13時-14時 グリーフケア講演会

第二部 14時-15時 複雑性PTSDミニ講座

第三部 15時30分-16時30分 茶話会


参加費 無料


*講演会・講座 定員50名

*茶話会    定員20名


申込みは、先着順です。

満席の場合は、キャンセル待ちになります。




第一部


これまで、数々の講演活動で

多くの方々の心に生きる力と

あたたかい気持ちを呼び戻してこられた


大学病院看護師であり

スピリチュアルケア師である

坂詰大輔さんを講師にお迎えして


問題を抱えた家庭に必要な

「グリーフケア」について

お話をいただきます。


グリーフとは何か?


グリーフと生きづらさについて


これからのあなたの毎日に

大切なメッセージを受け取ってください。





第二部


自らも複雑性PTSDサバイバーとして

DV家庭での虐待被害に苦しんできた

任意団体お話カフェゆもりな代表の

加納由絵が、臨床傾聴士として


当事者の方やそのご家族との

ご相談を通して


生活改善や心の回復のために

求められていた情報を

皆様にお伝えするために


複雑性PTSDについての

ミニ講座を行います。


あなたの心を苦しめている

複雑性PTSDというトラウマについて


「なぜ、つらいのか」


「どうしたら楽になれるのか」


複雑性PTSDサバイバー当事者としての

経験談などを交えて


トラウマからの回復についての

お話をさせていただきます。





第三部


少人数グループに分かれての

茶話会を開催します。


各テーブルに

団体スタッフが司会者として

同席させていただき


複雑性PTSDについてや

子供時代から抱えていた

お気持ちについての

分かち合いの時間です。


無理にお話にならなくてもOKです。


他の方のお話が

これからの毎日の

ヒントになることもあります。


茶話会は、当団体の月例茶話会と同様に

ニックネームでご参加いただきます。

(本名を名乗る必要はありません)


お席では、スタッフが

サポートさせていただきますので

安心してご参加ください。



お申し込み〆切:2020年1月31日(金)まで




お話カフェ ゆもりな

東京・市ヶ谷 毎月 第二月曜日 Open。 子供時代から続く 心の傷や生きづらさを 安心してお話いただける 傾聴カフェです。 参加費 500円 予約不要